中古車買取トラブル|ありがちな実例と対処法

スポンサードリンク

よくある中古車買取トラブルとは?

中古車買取には、トラブルが発生する事が結構あります。

 

このサイトをご覧になっているあなたは、中古車を買い取りしたり、してもらったことはありますか?

 

昨今、中古車の売買はネットでの取引も増えまして、活発になっています。

 

しかし、それと同時に増えてきたのが中古車買取トラブルなのです。
そこで今回は、その原因と中古車買取トラブルの打開策を考えようと思います。 

 

さて、中古車買取トラブルの打開策というのはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずどのようなトラブルがあるかといいますと、例えば、最近エコカー補助金がありましたが、その車を売る場合、一定の期間がたっていない場合返納の義務があって、売ってしまった場合トラブルになることが一つの例です。

 

次にあるのはインターネットの買取にありがちですが、メールでの一括査定でその会社は査定額が高かったのに、いざ実際にしてもらったら、色々引かれてかなり訳なる例もそうです。

 

他にも契約後にいきなり減額されたり値段が変わったりするようで、基本は金銭に関するトラブルが多いようです。 
こうしたトラブルに対応するには、前もっての確認が必要で、キャンセルはキャンセル料が必要か、また、決定した料金を払うまで、書類を出さないなどの対策が重要です。
また、その売買の会社の情報もしっかり調べて信用できるかを見極めつ必要もあります。 

 

せっかく車を売買するのですから、気持ちのいいものでありたいものです。やはり、しっかりとした対策をとって気持ちよく新しい車に乗りたいものでね。

 

中古車買取する際にもっともありがちなトラブルは?

車両を引き渡した後に、お店側から減額要求が来ることです。

 

車両を引き渡した後に

  • 数日後に事故修理の痕跡のようなものがみつかった、
  • 走らせて見ると異音が聞こえる、思ったよりも車の傷がひどい

等のさまざまな理由で減額を要求してくることです。

 

また、その場合減額要求に応じないと、契約を不成立にしてくる場合があります。

 

そのほかにも、

  • 車を実際に見せてみたのに買取価格の出せないスタッフが対応したために、買取価格を出してもらえない。
  • メールや電話等で問い合わせたら高い価格を伝えられたのに実際に見せてみたら、減額をされた。
  • 現金を受け取ったがその後に車がうまく動かないので返金を求めてくる。
  • 支払期日をすぎても入金が一切確認できない。
  • 査定時に車に傷をつけられる。

等、さまざまな事が中古車買取トラブルの原因になってきます。

 

こういった中古車買取のトラブルを避けるには、先にそのお店の情報を知っておくことが重要になってきます。

インターネット等を使い、そのお店の口コミ等を事前にしっかりと調べておきましょう。

 

そして悪いうわさが絶えない場所は利用しないようにするのが一番です。
しかしこういったトラブルに意図せず遭遇してしまって、強引な勧誘をされてしまったり、買取のトラブル全般で困ってしまったら、慌てず、すぐに消費者生活相談窓口に相談してください。

 

このような実例で中古車買取トラブルの原因を知っていると実際に、知人や友人が中古車買取で揉めた時にも役にたちますので、落ち着いて行動できるように参考にして頂けたら幸いです。

 

中古車買取トラブルの回避方法は、業者選びが肝心!

中古車の買取りでは思わぬトラブルになる場合があります。

 

そこで万一の時のために、車買取トラブルの解決法について説明します。

 

車買取時のトラブルについては、おもに

  • 売却契約前のトラブル
  • 売却契約後のトラブル

の二つに分けられます。

 

売却契約前のトラブルとしては、買取店の営業がしつこいというものがあります。

 

しつこいということは、裏を返せばその車の価値が高いということです。

 

『今日売らないと相場が下がる』

 

という言葉で契約を急かせる業者には、注意が必要です。

 

これは中古車買取業者の常套句で、お客様を急かせて安値で契約してもらおうとする手口です。

 

その場で契約してしまうとあとで後悔することもありますから、安易に妥協しないようにしてください。

 

それに、1日な2日で車の相場なんて下がりません!

 

本当に買取りたければ、後日必ず打診があるはずなのです。

 

余りにもしつこい場合は、契約後にトラブルに発展する可能性があるので、そのような業者は敬遠するべきです。

事前に危ない業者をチェックしておくのも、中古車買取トラブルの解決法です。

 

売却契約後のトラブル

 

再査定で買取価格を減額されてしまうというものがあります。

 

業者には二重査定制度というものがあって、買い取りした車に新たに問題点が見つかった場合、業者は再査定を行って買取価格を変更できるのです。

本来ならプロの査定士が査定するのですから、制度そのものがおかしいのです。

 

トラブルを未然に防ぐためにも、査定時にそのような二重査定制度を採用しているかどうかを確認して下さい。
業者によってはそのような制度を採用していないところがあります。

 

このように見てくると、中古車買取トラブルの解決法は業者選びが一番重要であるといえるのです。

 

次ページ:中古車買取トラブル


ホーム RSS購読 サイトマップ